拝啓、本が売れません

額賀澪

689円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ――「売れる本」は作れる!!――「松本清張賞」「小学館文庫小説賞」をダブル受賞してデビューした新人作家が見た「出版不況」の現実。それは厳しくも、決して暗闇の中にあるものではなかった――。「売れる本」はどうやったら作れるのか――小説を書く作家自身が、本が読者の手元に届までを支える編集者やデザイナー、実際に売る書店員、本を売り伸ばす施策を考えるWEBコンサルタントらに取材して見えた答えは?単行本「風に恋う」発売を前に、刊行された本書は、出版社の壁を越えて、発売前の新作を先取り公開。「売れる本」のために、考え、動き、でた結果とは。実際に『風に恋う』をヒット作として成功させた著者が、発売から二年半経った現在についてまでを書き上げた異例のノンフィクション。※この電子書籍は2020年7月刊行の文春文庫を底本としています。 2018年3月にKKベストセラーズから刊行された単行本とは、一部内容が異なります。予めご了承くださいませ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      額賀澪さんのレベルで焦り、動き、焦り、動く。文壇は大変な戦場だなと感じられました。
      対談の相手の方々のお考えもたいへん素晴らしく、マーケティング戦略の大切さも分かりやすく教えてくれました。

      ミステリ...

      続きを読む
    • 2020/08/05Posted by ブクログ

      著者は作家。
      編集者、書店員、などなど、
      本を巡る各界のトップに
      本を売る方法について、
      インタビューしていくお話。

      どこかのマーケティングの教科書に
      書かれていたようなことも出てきますが、
      各界の...

      続きを読む
    • 2020/08/05Posted by ブクログ

      【「売れる本」の作り方を作家みずから取材】W受賞デビュー後二年で、初めて初版部数が減る、という事態に直面した作家自らが「売れる本」の作り方をスペシャリストに取材。

    [{"item_id":"A002406043","price":"689"}]

    セーフモード