拾われた男

松尾諭

1,500円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自販機の下で航空券を拾ったら、人生が動き出した――。振られた回数13回、借金地獄や数々の失敗を経て掴んだ、恋と役者業。個性派俳優・松尾諭による波瀾万丈「自伝風」エッセイ!自販機の下で拾った航空券。その落とし主はモデル事務所の社長だった。俳優志望の昭和顔の男は、それをきっかけになぜかモデル事務所に所属することに――。振られた回数十三回、借金地獄に、落ち続けるオーディション。悲しくては泣き、嬉しくては泣く、そんな男が手に入れた大役、そして恋。それでも減らない借金生活が続くある日、かかってきた一本の電話により、アメリカに旅立つことになる。何年も会っていない兄を迎えに――。「SP」「シン・ゴジラ」「エール」など数々の映画・ドラマに出演し、個性派俳優として名を馳せる著者が書く、泣いて泣いて笑っての、七転八倒俳優生活。電子版には著者直筆のカラーイラストも多数収録されています。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/29Posted by ブクログ

      とても面白かったです^ ^
      松尾愉さんという「シンゴジラ」でお馴染み、まだ現役で活躍されている俳優さんの自伝エッセイで、ドラマや映画の出演も記憶に新しかったりして、本作の中に取り上げられている作品も、...

      続きを読む
    • 2020/07/23Posted by ブクログ

      松尾諭=「水ドン」=「まずは君が落ち着け」となる。
      他にもいろんなドラマや映画で顔を見てきたが、いまはとにかくあの場面が一枚の絵のように目に浮かぶ。
      少し舌ったらずなのかあまり滑舌はよくないし、みかけ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002403102","price":"1500"}]

    セーフモード