【最新刊】危険人物をリーダーに選ばないためにできること

危険人物をリーダーに選ばないためにできること

ビル・エディ/宮崎朔/中野信子

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【内容紹介】リーダーの「質」はわたしたちの生死に直結する!こんな「対立屋」があなたのまわりもいませんか?1 「標的」とした相手を非難することばかり考える2 オール・オア・ナッシングの考え方や解決策3 持てあますほどの強烈な感情4 9割方の人々はしないであろうきわめて否定的な言動ヒトラーの名前を出すまでもなく、歴史的にも最悪といわれるリーダーが選挙によって選ばれています。彼らは時に魅力的で、雄弁で、有能にさえ見えます。とくに危機においては。しかしこのような人物に権力を握らせてしまった場合、わたしたちは大きな代償を払うことになります。ナルシスト(自己愛性人格障者)とソシオパス(反社会的人格障害者)といった、対立を煽ることで人を支配しようとする人たちには特徴があります。彼らの正体を見極め、あなた自身、そしてあなたが生活する社会への被害を防ぐために、こうした「対立屋」の見極め方を知ることは非常に重要です。本書はその方法について具体的に解説します。【著者紹介】[著]ビル・エディ(Bill Eddy)個人や組織が「対立屋」に対処することを支援する会社、High Conflict Instituteの共同創立者兼トレーニングディレクター。アメリカ、サンディエゴにある国立紛争解決センター(National Conflict Resolution Center)シニアファミリーメディエーター。弁護士、臨床ソーシャルワーカーの資格を持ち、現在、ペパーダイン大学ロースクールのストラウス紛争解決研究所(Straus Institute)およびモナーシュ大学法科大学院の非常勤講師を務める。200万人以上の読者を持つPsychology Todayに連載をもつ。本書を含めて14冊(共著含む)の著書がある。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/03

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 危険人物をリーダ...
      2020/10/04
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード