破局

遠野遥

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私を阻むものは、私自身にほかならない――ラグビー、筋トレ、恋とセックス。ふたりの女を行き来する、いびつなキャンパスライフ。28歳の鬼才が放つ、新時代の虚無。【第163回芥川賞候補作】2019年文藝賞でデビューした新鋭による第2作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(103件)
    • 2021/01/21Posted by ブクログ

      読後の感想を何かに書きつけたつもりでいたけれど、紙にも電子媒体にも残していなかった。僕はこの作品を読んだだけで、その印象や内容を「誰かに話した」つもりになっていたのかもしれない。それはとりもなおさず『...

      続きを読む
    • 2020/10/12Posted by ブクログ

      けっこう好き。表紙に「いびつなキャンパスライフ」と書いてあったけど僕の大学生のイメージこんな感じ。まして慶應ボーイだし。女子たちのタチの悪さもリアル。
      個人的にはハンバーガーの店で陰口を聞いちゃう場面...

      続きを読む
    • 2020/09/23Posted by ブクログ

      芥川賞受賞。
      もう一つの「首里の馬」同様、笑っていいんだか泣く場面?なんだか悩みながらもよむ。
      シミジミと男の性欲とか正義感とか納得しながらも呆れながらもグイグイ引き込まれる。
      何を正しいと陽介は信じ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード