【最新刊】封印の昭和史 戦後日本に仕組まれた「歴史の罠」の終焉

封印の昭和史 戦後日本に仕組まれた「歴史の罠」の終焉

著:小室直樹 著:渡部昇一

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “知の巨人”と評される小室直樹氏と渡部昇一氏による国民必修の昭和「正史」戦後世界秩序の大転換期の今こそ、仕組まれた「歴史の罠」から抜け出し自らの歴史を見直すとき。戦後の学校教育、マスコミによる「東京裁判史観」がいかに出鱈目であるか――、歴史資料をもとに徹底的に論破!2人の鋭く的確な指摘は、私たちの誤った認識を拭い取ってくれる!名著復刊。令和の時代に続く、すべての日本の問題はここから始まった!戦後日本に仕組まれた「歴史の罠」の終焉。【本書の内容】第一章 汚染された昭和史第二章 東京裁判史観を払拭せよ第三章 戦争への見えざる手第四章 戦前・戦中・戦後――何が正しく、何が間違っていたか第五章 新たなる出発(たびだち)のために

    続きを読む
    提供開始日
    2020/07/01
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002401638","price":"1584"}]

    セーフモード