【最終巻】あちきとぬし 花魁ふたりぼっち 4巻

あちきとぬし 花魁ふたりぼっち 4巻

完結

井出智香恵

132円(税込) クーポン利用で66円獲得へ
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 66(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/03/31 23:59 まで有効

獲得

愛憎、情欲うずまく吉原遊廓。この場所は苦界とも称されるように、多くの痛みや悲しみも抱えている。殺された遊女、知里の妹おりょうは、ある日相手をした武士にそれまでの客とは違う感情を抱き本気で惚れてしまう。しかしその武士は知里を殺した不良武士、萩野淋太郎の弟であった。茂太郎はおりょうと香花を吉原の外へおびき出すために近づいたのだが、彼もまたおりょうを好きになる。やがて二人は遊女と武士という立場を捨ててまでも夫婦になりたいと願う。香花は知里への恩返しのため、おりょうの借金を肩代わりし逃亡を手助けするが…。遊女の悲哀を描いた人気シリーズ、衝撃の最終話!

続きを読む

セーフモード