【最新刊】自ら学ぶ子どもに育てる~息子2人が東大に現役合格した、ワーキングマザーの子育て術~

自ら学ぶ子どもに育てる~息子2人が東大に現役合格した、ワーキングマザーの子育て術~

著:入江のぶこ

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夫の突然の事故死―。6歳の長男、生後11ヵ月の次男を育てるワーキングマザーとなった私の目標はただ1つ「息子たちを、生き抜く力を持った〈自立した人間〉に育てること!」。6歳の長男、生後11カ月の次男を育てるワーキングマザーとなった著者は2人を東大に現役合格させた。その実現のための工夫、努力、葛藤とは? 限られた時間の中で、いかに子どもたちと向き合ってきたのか。その方法と秘訣は、多くのワーキングマザーたちを励ますメッセージに満ちている!■目次●第1章 子どもが10歳になるまでは、全力で向き合う●第2章 幼い頃から”考える訓練”を習慣にする●第3章 ”環境づくり”が自立への近道・1 特異なものを伸ばすための”環境”をつくる・2 整った”環境”のもと、子どもの自由を尊重する・3 自由な子どもは、おのずと自立する・4 適度なプレッシャー&見守る姿勢を忘れずにColumn 夫との出会いと別れ、そして第2ステージへ●第4章「生きていてくれて、ありがとう」が大前提・1 子どもが生きていてくれるだけで十分・2 子どもの良いところをたくさん褒める・3 時間がないなかでも、子どもとの接点をつくる●第5章 インタビュー・長男 哲朗さん・次男 聖志さん・エピローグ 頑張っているお母さんたちへ■著者 入江のぶこ1962年、東京都新宿区生まれ。幼稚園から大学まで成城学園で教育を受ける。大学生時代にフジテレビ「FNNスピーク」でお天気お姉さんを務める。卒業後、フジテレビ報道記者の入江敏彦氏と結婚。カイロ支局長となった入江氏と長男と共にカイロへ移住。イスラエルで次男出産。1994年12月ルワンダ難民取材のためにチャーターした小型飛行機が墜落し、乗っていた入江氏が死亡。帰国後、フジテレビに就職。バラエティ制作、フジテレビキッズなどに所属し、主に子育てや子どもに関するコンテンツの企画やプロデュースをする。女性管理職としてマネジメントも行う。2017年7月に退職。2017年7月、東京都議会議員選挙に出馬、港区でトップ当選を果たす(35,263票獲得)。 子ども2人は東大を卒業し、社会人となっている。長男の入江哲朗氏は東京大学大学院総合文化研究科を修了し博士(学術)の学位を取得。アメリカ思想史の研究者であり、映画批評家としても知られる。次男の入江聖志氏は、東京大学教養学部を卒業し、民放テレビ局社員。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/26
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード