【最新刊】55歳になったら遺言を書きなさい―――ごく普通のご家庭にこそ「争族」は起きている!

55歳になったら遺言を書きなさい―――ごく普通のご家庭にこそ「争族」は起きている!

著:井口麻里子

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    家庭裁判所に持ち込まれる調停のうち遺産額5000万円以下がなんと全体の75%!もしあなたが明日死んだら残された家族はどうなるか…考えたことがありますか?じつは「相続」が「争続」になる可能性は決して低くはないのです。では、残された家族から「ありがとう」と言ってもらうためにはどうしたらよいのでしょうか?●民法大改正はなぜ行われたのか?●遺産分割をめぐる争いが年々増加している理由●ごく普通のご家庭にこそ「争族」は起きている!●所有者不明土地が遺言に関する民法改正へ与えた影響●欧米では遺言をつくるのは大人のマナー●なぜ55歳になったら遺言を書くべきなのか?●早めの遺言書作成が相続トラブルの防止につながる大切な人には保険より遺言なんです!日本でいちばん相続税申告を扱う税理士法人が教える死ぬ直前じゃ間に合わない「遺言のススメ」自宅しかない人ほど相続で困る!不動産相続・株式相続に潜む、思わぬ落とし穴も紹介。17のケースを読みながら家族が争わなくてすむ方法が分かります。■目次●第1章 いざこざは「遺言がない」から・家系図ケース1 相続人以外に財産をあげたかったら         自分の想いを実現させるために         通常、孫は相続人にならない         遺言がなかったために思わぬ贈与税が発生・家系図ケース2 子どものいないご夫婦で起きやすい兄弟とのトラブル         夫の急死、一段落した頃に・・・・         義兄2人が譲らない                       義兄がから解放されたい一心で遺産分割協議書にサイン         残された配偶者を守るには・家系図ケース3 複数の不動産があると「遺言がない」リスクは何倍にも         経営ノウハウがない妻と娘たち         売り急ぎ、最も価値のあるビルを安値で手放すことに         不動産を共有しておくことは大きなリスク・家系図ケース4 介護を続けた長男の嫁は相続財産を請求できるのか?         亡き長男の嫁が義父母の世話し続けることが意外と多い         遺産分割協議ができるのは相続人のみ         実際のところ特別寄与料はもらえるのか?●第2章 トラブルを防ぐ基礎知識●第3章 遺言書がないばかりに生じた争い●第4章 遺言を書いたのに起きたモメ事●第5章 さらに遺言を活用する■著者 井口麻里子

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/26
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント
    • 55歳になったら...

      ただ情報が載っているだけじゃなくて、感情に訴えてくる。手遅れになる前にとにかく今すぐ遺言書を用意しなければ!という気持ちにさせてくれる。いろんなパターンがあるけど全部人間同士のいざこざで、感情面での負...

      続きを読む
    • 55歳になったら...

      「はい、55歳ですが、大丈夫です♪」 と思って最終章まで読了後、[おわりに] に記された "#なぜ55歳で遺言を書かないといけないのか?" には、同感するところが多々ありました。

    • 55歳になったら...

      相続本を何冊か読んだのに、法定相続分と遺留分が違うことを初めて知った。渡したくない人がいる時に遺留分だけを相続すると遺言すると揉めないとはいいことを聞いた。それが不動産なら、処分費用も上乗せしておくこ...

      続きを読む

    セーフモード