【最新刊】小説 映画ドラえもん のび太の宝島

小説 映画ドラえもん のび太の宝島

藤子・F・不二雄(原作)/川村元気(脚本)/涌井 学(著)

561円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    川村元気脚本を、完全小説化!「宝島を見つける!」とジャイアンたちに宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具“宝探し地図”を使って宝島を探す。地図が指し示した場所は、なんと太平洋上に突然現れた新しい島だった。ノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かったのび太たちは、あと少しで島に上陸というところで海賊から襲われる! その戦いのドタバタの中で、しずかが海賊船にさらわれてしまった! はたしてのび太たちは海賊からしずかを助けることができるのか? そして宝島に眠る財宝に隠された秘密とは一体何なのか!?映画プロデューサーであり、ベストセラー『世界から猫が消えたなら』の著者である川村元気が、はじめて脚本をてがけた映画ドラえもんを完全小説化。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/26
    連載誌/レーベル
    小学館文庫
    出版社
    小学館
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • null巻2018/04/01Posted by ブクログ

      映画を見てきて,早速購入,読了。
      ドラえもんの小説は,瀬名さんの鉄人兵団についで2作目でしょうか。今作は映画の情景を思い起こさせつつも,少し映画と違うところも興味深いですし,物語として綺麗にまとまって...

      続きを読む
    • null巻
      ネタバレ
      2019/09/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • null巻2018/04/14Posted by ブクログ

      難しいことは考えずに、心地よく一気に読める。
      映画は見ていないが、やはりこれは映画で見るべきだと思った。

    セーフモード