花と骨 3巻

神形ばかを

198円(税込) クーポン利用で99円獲得へ
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 99(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

【あんまりやないですか…こんな扱い】故郷を離れひとり東京の商社で働いていた八雲慎一。 だが、父親が大けがを負ったことにより家業を継がざるをえなくなり、火葬技師になる。慎一が焼いた行旅死亡人の引き取り手、花屋の店主である要と交流を重ね親しくなりつつあったものの、どこか距離を置かれているのを感じていた。それでも気になって仕方がない慎一は、なにかにつけて雨宮花店を訪れていたが、あるとき店先の樒に触れようとしたことで要が取り乱してしまう。泣き崩れる要から口づけをされ呆然とする慎一。「どうか今の間だけ…お付き合い願えませんやろか…」憔悴しきった要の口から零れたのは、想像もしていなかった深い深い闇だった。死が苦手な火葬技師 × 花屋の美人店主のしめやかに咲く恋物語。第3巻!

続きを読む

無料・試し読み増量 全1冊

セーフモード