夢は捨てたと言わないで

安藤祐介 著

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『本のエンドロール』で全国の本好きに心をつかんだ著者が、全身全霊で「お笑い」の世界を描き出す!夢と現実の間で悩むすべての人に捧ぐ感動作。雇用条件給料は準社員待遇(月給二十万円 社会保険完備)勤務内容:売場での通常勤務、催事スペースでのライブ出演休暇:週休二日制 オーディション休暇あり吉祥寺のスーパー「エブリ」の社員・樫村栄治は元甲子園のスター選手。だがプロ野球選手として大成できず、夢を捨てた過去を持つ。そんな彼に社長から突如下った指令。それはアルバイトのお笑い芸人たちをまとめ上げ「お笑い実業団」を結成、彼らの夢をバックアップすることであった。社長の言葉とは裏腹に、いつまでの夢にしがみつく彼らを軽蔑する栄治。だが客のいない催事スペースで必死にネタをする彼らを見て、栄治の中で何かが変わっていく。笑いには、敵を味方にする力がある。笑いには、人をひとり救う力がある。そう。おもろいは、正義だ!

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002396044","price":"1760"}]

    セーフモード