【最新刊】女と男 なぜわかりあえないのか

女と男 なぜわかりあえないのか

橘玲

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ベストセラー『言ってはいけいない』の著者が、男女のタブーに斬りこむ!「週刊文春」の人気連載「臆病者のための楽しい人生100年計画」を新書化。「女と男」は人類の最大の関心事ともいえる。この永遠のテーマが最新のサイエンスによって解明されつつある。野心的なタブーの挑戦のなかから、意外かつ誰でも楽しんで読める最前線の研究を紹介。果たして女と男の戦略のちがいとは……。【本書の内容より】●「美女はいじわる」は本当だった!?●男は52秒にいちど性的なことを考える●女は純愛、男は乱婚?●女の8割は「感情的な浮気」に傷つく●男のテストステロン・レベルは女の100倍●女は合理的にリスクをとる●父親の10人に1人は知らずに他人の子を育てている●女は身体が感じても脳は感じない●男は「競争する性」、女は「選択する性」

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/19
    連載誌/レーベル
    文春新書

    レビュー

    • 2020/08/01Posted by ブクログ

      男は体の浮気に傷つき、女は心の浮気に傷つく。なんで分かり合えないの?と思っていた色んなことに、ヒトの進化上の理由があることが分かった。

      「男は強すぎる性欲に苦しみ、女は強すぎる共感力に苦しむ」という...

      続きを読む
    • 2020/07/23Posted by ブクログ

      男と女の行動パターンや思考、特徴の違い、特に性愛における生物学的な違いが、利己的な遺伝子による生存戦略の違いによってもたらされた身体や脳の進化によってプログラムされてきたという事実。利己的な遺伝子のパ...

      続きを読む
    • 2020/07/01Posted by ブクログ

      ベースにあるのは、ネオ・ダーウィズム。リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」です。進化心理学の独創的な学術研究に基づいているので説得力はあります。知的な下ネタとしても使えるかも。性的に興奮すると瞳...

      続きを読む
    開く

    セーフモード