【最新刊】サンタクロースを殺した。そして、キスをした。

サンタクロースを殺した。そして、キスをした。

犬君雀(著)/つくぐ(イラスト)

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    クリスマスを消すため僕は少女の恋人になる。聖夜を間近に控え、街も浮き立つ12月初旬。先輩にフラれた僕は、美しく輝く駅前のイルミネーションを眺め、どうしようもない苛立ちと悲しさに震えていた。クリスマスなんて、なくなってしまえばいいのに……。そんな僕の前に突如現れた、高校生らしい一人の少女。「出来ますよ、クリスマスをなくすこと」彼女の持つノートは、『望まない願いのみを叶える』ことが出来るらしい。ノートの力で消すために、クリスマスを好きになる必要がある。だから――「私と、疑似的な恋人になってください」第14回小学館ライトノベル大賞、優秀賞受賞作品。これは、僕と少女の奇妙な関係から始まる、恋を終わらせるための物語。※「ガ報」付き!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/18
    連載誌/レーベル
    ガガガ文庫
    出版社
    小学館
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • サンタクロースを...2020/11/06Posted by ブクログ

      考えながら読む小説は疲れる。けれど、誰かの強い感情を文字にして鈍器にして殴ってくるこの小説を私はまだ半分も理解できてない。大人になってしったかぶって麻痺してしまったかもしれない。何度でも読みたい。良い...

      続きを読む
    • サンタクロースを...2020/11/11Posted by ブクログ

      面白かったです。
      名前が出てこない登場人物しかいないというのも、ストーリーに合っていて問題なく読めました。
      ラストの場面では、辻褄が合っていく感じと思ってもいなかった事実があり、読み応えがありました。

    • サンタクロースを...2020/07/26Posted by ブクログ

      身体の肉を削ぎ落として書いてあるような小説。鈍いもので殴られ続ける感覚に陥る灰色の作品で、自分の好み。
      211ページの「お前うるさいよ」に痺れた。

    セーフモード