【最新刊】めんそーれ!化学

めんそーれ!化学

盛口満

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    沖縄の夜間中学で化学を教えることになった著者.生徒の多くは戦争で学校へ行けなかった,おばあたちだった.化学式や計算ではなく,料理から化学変化とは何かを学び,石けんづくりから酸とアルカリの性質を知る――おばあたちの昔話も飛び出して,化学の世界が実体験と重なってゆく.楽しい授業へ,めんそーれ(いらっしゃい)!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/25
    連載誌/レーベル
    岩波ジュニア新書
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2020/02/01Posted by ブクログ

      ゲッチョ先生の本は生物(植物、菌類、昆虫、動物など)ばかりだったので(多分。私が読んだ・見たところでは)、理科の先生だと知っていても「化学」は意外な感じがした。
      が、読んでみると、さすがゲッチョ先生、...

      続きを読む
    • 2019/05/30Posted by ブクログ

      「ほぼ日」で紹介されていて読みたいと思った本。

      すごくおもしろかったです。
      著者が沖縄の夜間中学校で実際におこなった理科の授業を文字に起こしたもので、この時の生徒の多くは戦争で学校に行けなかったおば...

      続きを読む
    • 2019/01/19Posted by ブクログ

      学校に通えなかった沖縄のおばあに夜間中学で化学を教える作者。化学はものの学問。「へぇー」ではなく、「あぁ」と思わせる。生活や身近な物の学問である化学に魅力を感じるとともに、人に物を伝えたり教えたりする...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002394825","price":"968"}]

    セーフモード