【最新刊】聖徳太子

聖徳太子

東野治之

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    聖徳太子は,偉人だったのか,ただの皇子だったのか.古代史研究の第一人者が,史料をもとに,丁寧にその実像に迫ります.手がかりは,法隆寺の釈迦三尊像に刻まれた銘文や,太子の自筆とされるお経の注釈書など.著者独自の視点で史料を読み解き,見えてきた姿とは? 教科書の丸暗記ではない,歴史学のおもしろさを味わおう.

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/25
    連載誌/レーベル
    岩波ジュニア新書

    レビュー

    • 2020/02/22Posted by ブクログ

      聖徳太子の実像について、残された史料の性格とそれを踏まえて読み取れること、法隆寺関連の考古学調査から得られた成果を、新書にしては細かく述べてあり、聖徳太子研究の入門書的な雰囲気。

    • 2018/03/03Posted by ブクログ

      2018/03/02:読了
       人物を伝記風にというのでなく、残った文献から推定できる人となりを書くというスタイル。
       戸惑ったけど、面白かった

    • 2018/05/10Posted by ブクログ

       東大国史出身の研究者が「不在」説を唱えるほど、21世紀の現在もとかく新説・異説・珍説の多い聖徳太子だが、本書は現在では最も伝統的・守旧的な立場からの聖徳太子小伝と言えよう。後世の偽作説の強い十七条憲...

      続きを読む
    開く

    セーフモード