【最新刊】しずくの首飾り

しずくの首飾り

ジョーン・エイキン/猪熊葉子

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    首にかけていれば,どしゃぶりの雨でもぬれないし,広い海も泳いでわたれる「しずくの首飾り」,さばくの駅の駅員たちが一人ずつ休みをとって旅に出る「三人の旅人」,イースト菌入りのミルクを飲んでクジラみたいにふくらんだ「パン屋のネコ」など8編.自由奔放な空想のおはなしに影絵風のさし絵をそえた珠玉の短編集.

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/25
    連載誌/レーベル
    岩波少年文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    児童文学

    レビュー

    • 2019/11/14Posted by ブクログ

      児童文学作家として有名で、本は必読書のように、どのブックリストでも目にはしていたエイキンの「しずくの首飾り」

      一度手に取ったものの、読まなくてはーという義務感から以前は楽しめず読み切れずじまい。

      ...

      続きを読む
    • 2020/01/15Posted by ブクログ

      2020年1月13日(月・祝)に大阪市立淀川図書館で借り、同日読み始めて15日(水)に読み終える。

      小学校の国語の教科書で読んだ記憶のあった作品がこの本に収められいる「三人の旅人たち」だということを...

      続きを読む
    • 2019/09/04Posted by ブクログ

      ちょっと不思議な、短いお話集。ふと足を踏み入れてしまいそうな、隣人のようなファンタジー。影絵風の美しい幻想的な挿絵も、世界観を裏打ちしてくれる。対象年齢:小学3・4年以上となっているが、幼い頃の感受性...

      続きを読む
    開く

    セーフモード