SwiftUIではじめるiPhoneアプリプログラミング入門

著:大津真

2,099円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。SwiftUIは、iOSアプリやmacOSアプリなどAppleデバイス用プログラム開発用のSwift言語によるフレームワークです。それまでのUIkitフレームワークを置き換えるべく2019年10月にリリースされました。キャンバス上のプレビューを活用しながらこれまで以上にシンプルなプログラミングが可能です。本書は、そのSwiftUIを使用してiOSアプリを作成する方法を学ぶための入門書です。SwiftUIを使用するにはSwift言語の基礎知識が必要ですが、Chap2でSwiftUIを扱うために不可欠なクロージャや構造体などSwift言語のポイントを解説します。そのため、JavaやPythonなど他の言語の経験者の方もSwift Playgroundsなどの学習アプリやデベロッパードキュメントと併用することで効率的に学習が進められるようになっています。(SwiftUIの操作環境: macOS 10.15(Catalina)以降、Xcode バージョン11以降)

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • まずSwift言語のポイントを解説した上で、簡単な作例(最終的にはYouTube Data APIを使ったアプリを作る)を通じてSwiftUIに入門する本。他言語の経験はあるがiOSアプリの開発経験は...

      続きを読む

    セーフモード