【最新刊】殺人都市川崎

殺人都市川崎

著者:浦賀和宏

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    治安が悪く、地獄のような街で地べたを這いずって暮らしていると考えていた俺は間違っていた。出会ったら命がないと言われる、伝説の殺人鬼・奈良邦彦。本当の地獄は、あいつとの出会いから始まった。彼女を、そして両親を殺された俺は、それからも執拗に奈良に狙われ続け……。41歳の若さで急逝した天才作家・浦賀和宏氏最大の問題作、最期の挑発&最後の小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/15

    レビュー

    レビューコメント(12件)
    • 殺人都市川崎
      2020/05/16

      浦賀和宏『殺人都市川崎』ハルキ文庫 。

      41歳という若さで急逝した浦賀和宏の最後の小説。果たして『殺人都市川崎』という奇妙なタイトルの小説は最後にどんな世界を見せてくれるのか。

      実在する川崎市を日...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 殺人都市川崎
      2020/10/15

      神奈川県川崎市を舞台に繰り広げられるサスペンスホラー小説、浦賀和宏氏の遺作です。
      川崎は仕事の関係で縁があり、凄まじい書名ですが手に取りました。
      川崎市川崎区が他区と比べて極めて治安の悪い底辺の地域と...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 殺人都市川崎
      2020/06/06

      途中まで面白く読めましたけれども、ラストがなぁ…まあ、浦賀作品はいつもラストが微妙なんですよね! 腑に落ちた、という感じにはならなくていつもお茶を濁されている感じがして…まあ、中途までは面白く読めたし...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード