ボニン浄土

宇佐美まこと

1,782円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    刺客は、思わぬところからやって来た。 1840年、気仙沼から出航した五百石船・観音丸は荒天の果てに、ある島に漂着する。そこには、青い目をした先住者たちがいた。彼らは、その地を「ボニン・アイランド」と告げた。 時を隔てた現在。すべてを失った中年男は、幼少期、祖父が大切にしていた木製の置物をふとしたことで手に入れる。それを契機に記憶が蘇り、彼は、小笠原行のフェリーに足を向けた。物語は、ゆっくりと自転を始める。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      1840年、江戸後期と180年後の今。小笠原諸島にある無人島(ボニンアイランド)で一つにつながる人と人の血脈。

      ムジン(無人)がボジンになりボニンへと変わる。その長い年月とともに、そこへたどり着く様...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002391812","price":"1782"}]

    セーフモード