サクッとわかる ビジネス教養  中国近現代史

監修:岡本隆司

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。中国関連の著書を多数持つ、中国史学の第一人者、岡本隆司先生が伝授!今の中国をきちんと理解するためには、中国の歴史を知ることが必要です!本書の特別な図解を見れば、中国と中国史が理解できます!○中国のニュースが、特別な図解を見るだけで理解できます!本書は、特別な図解を見るだけで、中国と中国史が理解できます。その結果、現代の中国や中国人の言動をしっかりと理解でき、中国関連ニュースがわかり、その話題について、会話・説明することができます。たとえば、 ・なぜ「香港・台湾」はたびたびデモを起こすのか? ・中国は、なぜ新疆ウイグルやチベットを弾圧するのか? ・なぜ厳しい「言論統制・ネット検閲」をするのか? ・「格差」があれほどまでに極端なのか? ・一帯一路を掲げる中国の思惑とは? ・なぜ「腐敗」がなくならないのか? ・なぜ「米中貿易摩擦」が起きたのか? ・「新型コロナウイルス」対応から見た中国と日本 ・「社会主義市場経済」ってなに?など、日本人にとって理解できないことが少なくありません。ところが、中国の歴史、とくに近現代史を知れば、このような事柄も、しっかりと理解できます。たとえば、中国では、自分が中心と考える中華思想・朝貢主義という考えをベースに持っています。だからこそ、国連裁定を平気で無視して、尖閣諸島や南シナ海に手を出します。また、新疆ウイグルやチベットの弾圧は、隣国との設置地域を奪われた「瓜分」という歴史からきています。このような歴史を知っていれば、現代の中国の常識を把握できます。本書は、このような現代の中国の常識を、特別な図解を見るだけで理解できます。○中国史学の第一人者が伝授!『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』(東洋経済新報社)、『近代中国史』(ちくま新書)、『中国の論理』(中公新書)、『清朝の興亡と中華のゆくえ』(講談社)などの著書を多数持つ、中国史学の第一人者が伝授します。中国史学のプロのアイデアが詰まっているからこそ、本当の中国を知ることができます。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002391687","price":"1430"}]

    セーフモード