【最新刊】さよなら世界の終わり(新潮文庫)

さよなら世界の終わり(新潮文庫)

佐野徹夜

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    校内放送のCreepを聴きながら、屋上のドアノブで首を吊ってナンバーズの数字を見ようとしていた昼休み、親友の天ヶ瀬が世界を壊す未来を見た。彼の顔を見ると、僕は胸が苦しい。だから、どうしても助けたいと思った――。いじめ、虐待、愛する人の喪失……。死にたいけれども死ねない僕らが、痛みと悲しみを乗り越えて「青春」を終わらせる物語。生きづらさを抱えるすべての人へ。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/05
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    • 2020/08/01Posted by ブクログ

      設定は異世界もので現実ではありえないけど、主人公が考えていることは現代の子供と同じだなと思い、共感した。

    • 2020/06/04Posted by ブクログ

      異色の青春小説でした。
      ある出来事がきっかけで、3人には、ある能力が備わりました。死にそうになったとき未来が見える間中、手首を切り死にそうなとき幽霊が見える青木、死にかけると人を洗脳できる天ヶ瀬。
      ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      「世界なんて終わってしまえばいいのに」
      私もそんなことを考えたことがある。共感できるところが多々あった。3人の関係も独特で面白かった。

    開く

    セーフモード