【最新刊】新選組 組長・斎藤一

新選組 組長・斎藤一

菊地明

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新選組屈指の剣術の技量を持ち、組長として幕末の京都を取り締まる。また御陵衛士に潜入するなど、間者としても活躍。さらに隊長として会津で戦い、明治維新以後は、警察官として西南戦争に従軍するなど、幕末・明治・大正を生き、戦いに明け暮れた斎藤一。しかし、その出自や活躍については、虚実入り交じり、新選組隊士の中でも謎の多い人物とされていた。本書では、その謎につつまれた剣客の生涯をさまざまな資料をもとに綿密な考証を行い、明らかにする。斎藤一とは、いったいどのような人物だったのか? また、なぜ落城寸前の会津に残り、降伏後、会津藩士とともに斗南に向かったのか? 試衛館時代、新選組加盟、長州間者の刺殺、池田屋事件、天満屋事件、鳥羽・伏見の戦い、会津戦争、西南戦争、そして晩年、斎藤一のすべてがこの一冊でわかる。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/05

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 新選組 組長・斎藤一
      2011/10/27
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 新選組 組長・斎藤一
      2013/05/08

      藤堂平助の流れで読みかけたままにしていた斎籐一を再読。
      中断していた理由は、斎籐はまだ亡くなって満100年、若くして命を落とした隊士に比べれば子孫や縁者の記述の信憑性は高い。
      本書では以前の史記や小説...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 新選組 組長・斎藤一
      2017/02/11

      新撰組の組長であった、斎藤一の生涯を書いた本。
      昔の文献の文章をそのまま引用している部分が結構あるので、古語がわからないと少し読みづらいかもしれない。

      主に新撰組にいた時代のことが中心。

      しかし、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード