【最新刊】まるわかり!M&A

まるわかり!M&A

編:日本経済新聞出版社

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。より身近なものになったM&A最新事情と活用法を丸ごと一冊で解説!中堅・中小企業のM&Aがにわかに活気づいています。事業承継とベンチャー投資が牽引する形で、2018年から件数が急増しはじめました。中堅・中小企業は、経営者の高齢化が深刻な問題になっている一方で、親族や社内に適当な後継者が見つからず、M&Aによって会社を第三者へ承継する動きが年々増えています。国による支援も後押しし、今後しばらくはこの動きが続きそうです。ベンチャー投資は、技術が急速に進歩しているITの分野で特に活発な動きがみられます。新しいテクノロジーを取り込むために、大手や中堅・中小企業が技術を持つベンチャー企業を買収するケースが増えてきました。加えて、過去には大企業が中心だった「クロスボーダーM&A」も、いまでは海外に市場を求める中堅・中小企業が積極的に取り組んでいます。また、店舗や個人事業主がマッチングサイトを通じて取引する「スモールM&A」も活性化しています。M&Aを支える専門家・プレイヤーの数や種類も増え、日本はいまM&Aに取り組みやすい環境が整いつつあるといえます。本書は、M&Aの基本の流れや進め方、メリット・デメリット、専門家の選び方などを解説した入門書です。業界別のポイントや最新事例など、実践的な情報も収録しています。

    続きを読む
    ページ数
    127ページ
    提供開始日
    2020/06/02
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント

    セーフモード