【最新刊】P+D BOOKS 喪神・柳生連也斎

P+D BOOKS 喪神・柳生連也斎

五味康祐

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “剣豪小説の名手”の世界に浸る11篇。 豊臣秀次の剣の師で「夢想剣」を名乗る瀬名波幻雲齋とその娘・ゆき、そして幻雲齋が父の仇でありながら、門下生となって修行を積む松前哲郎太重春。奇妙な3人の絆は、やがて哲郎太とゆきが契りを結ぶまでに深まっていく。 そんななか、哲郎太は身重のゆきを残して武者修行の旅に出ようとするが――。 第28回芥川賞に輝いた出世作「喪神」のほか、柳生流新陰流正統を継いだ連也斎とライバルとの決闘を描く「柳生連也齋」、剣豪が巨人軍の強打者として大活躍する異色作「一刀齋は背番號6」など、剣を題材にした珠玉の11篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/11
    連載誌/レーベル
    P+D BOOKS
    出版社
    小学館
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • P+D BOOKS 喪神・...2020/09/13Posted by ブクログ

      「喪神」
      短編単独で、しかも剣豪小説
      これは、芥川賞としてはかなり異例の作品である
      GHQ撤退により、日本が独立を果たしたばかりの時期で
      時代劇も解禁され始めていたから
      そのあたりの事情が絡んでいるの...

      続きを読む

    セーフモード