「山奥ニート」やってます。

石井あらた

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひきこもりとなって大学を中退し、ネットを通じて知り合ったニート仲間と2014年から和歌山の山奥に移住。以来、駅から車で2時間の限界集落に暮らしている。月の生活費は1万8000円。収入源は紀州梅の収穫や草刈りのお駄賃など。インターネットさえあれば、買い物も娯楽も問題なし。リモートの可能性をフル活用し、「なるべく働かず、面倒くさい人間関係から離れて生きていく」を実現したニートが綴る5年間の記録。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/17Posted by ブクログ

      テレビ放送もあって、人気ですぐに空きが埋まってしまう状態のようです。そこで、その近くに新たな拠点を設ければいいような気がするのですが、なかなか難しいと思います。機会や人材に恵まれて実現したような気がす...

      続きを読む
    • 2020/05/31Posted by ブクログ

      和歌山県の山奥にある元・小学校校舎を使って、共同生活をしている人が、その生活を綴った一冊。

      「何かの宣伝だったり、何かのメッセージがあるわけじゃないです。これはただの生活(p.6)」
      と筆者自身が書...

      続きを読む
    • 2020/06/14Posted by ブクログ

      「山奥ニート」はビジネスでもイデオロギーでもイベントでもなく日常、という力の抜けたスタンスがいい。何をして、というより、何をせずに生きるか、という引き算の試み、面白く読んだ。

    開く
    [{"item_id":"A002388060","price":"1430"}]

    セーフモード