【最新刊】新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―(新潮文庫)

新しい十五匹のネズミのフライ―ジョン・H・ワトソンの冒険―(新潮文庫)

島田荘司

1,045円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大銀行の地下金庫から、トンネルを掘って金貨を盗み出そうとした「赤毛組合」事件。ホームズの名推理で一件落着に見えたのだが、裏にはどんでん返しの計画が潜んでいた! 事件後、薬物を乱用するホームズは頼りにならず、途方に暮れるワトソンには大事件が降りかかる。堅牢な刑務所から囚人はなぜ消えたのか、「新しい十五匹のネズミのフライ」の謎とは。巨匠が贈るパスティーシュの傑作。(解説・日暮雅通)

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/05
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 新しい十五匹のネ...
      2020/03/03

      児童向け作品では曖昧にされることもあるが、ホームズは阿片吸引者であった。前々から阿片吸引者が名探偵となること疑問を抱いていた。島田荘司『新しい十五匹のネズミのフライ ジョン・H・ワトソンの冒険』(新潮...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 新しい十五匹のネ...
      2020/04/12

      ホームズのパスティーシュと呼ばれる分野の一作。
      ワトソンを主人公として、ホームズの短編に新たな解釈を加えている。
      ホームズもののマニアからするとよくできた作品、という評価なのかもしれないが、それはマニ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 新しい十五匹のネ...
      2020/02/03

      大銀行の地下金庫から、トンネルを掘って金貨を盗み出そうとした「赤毛組合」事件。ホームズの名推理で一件落着に見えたのだが、裏にはどんでん返しの計画が潜んでいた!事件後、薬物を乱用するホームズは頼りになら...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード