大学教授が、「研究だけ」していると思ったら、大間違いだ! 「不人気学科教授」奮闘記

斎藤恭一

1,386円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “大学崩壊”なんて嘆いている暇はない!高校から「模擬講義」を依頼されれば、PRのためにと馳せ参じる。研究室を維持するためには、学生指導と予算確保が欠かせない。組織の一員として働く限り、重たい役職が降ってくる。……教授は水面下で、こんなにも努力している。【内容紹介】 東京大学工学部で助教、助教授、そして千葉大学工学部で教授を歴任した斎藤恭一氏。しかし、その所属学科は、放っておいても学生が志望して入ってくるような「人気学科」では決してなかった。 少子化と大学間競争が激しくなるなかで、高校や予備校に赴いては、学科、学部、ひいては大学の魅力をPRするために「模擬講義」を行う。さらには「理科離れ」を防ごうと、「市民講座」で熱弁をふるう。大学内においては、講義に対して迫りくる学生からの「授業評価アンケート」にもひるまずに、見事に「ベストティーチャー賞」を受賞。ときに学生生活を充実させてあげようと、新入生や学部生を、合宿や工場見学に引率して盛り上げる。大学組織、研究室の運営を円滑に進めるためには、重荷であっても役職に就き、ゼミ生の論文を添削指導する。研究費の確保、研究の実用化を目指して、科研費を確保し、産学連携に務める。 千葉大学名誉教授が、37年間の研究者、教育者生活のなかで日夜奮闘してきた汗と涙の記録!【本文より】「研究」は一人で成し遂げられるものではない!「あなたの研究の目的とは?」と尋ねられたときに、「発見と発明」、すなわち「『これまでわからなかったことを解明する』『これまでなかったものを発明する』ことをめざして、研究を続けてきました」と言うのが、大学教授として立派な答えかもしれない。私の場合は、研究とはそんなものではなく、よいときも、そうでないときも、学生との格闘であった。しかし、学生がいたからこそ、研究を続けることができたのは確かである。〈――終章より抜粋〉【目次】序章 「大学崩壊」と嘆いても始まらない第一章 未来ある高校生に必死でPR第二章 市民にも「理科」に馴染んでもらおう第三章 「学生指導」はテンヤワンヤ第四章 大学という「組織」の経営は悲喜こもごも終章 「研究」は一人では成し遂げられない

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      自分自身とは関係はないのだが・・工学系のセンセイのお仕事とパッションについては知っておきたいのである。ブルーバックスの『道具としての微分方程式』の著者というのは読了後に奥付をみて気づいた。理系の教育は...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002385890","price":"1386"}]

    セーフモード