【最新刊】ワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち

ワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち

ブレイディみかこ

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    EU離脱、競争激化社会、緊縮財政などの大問題に立ち上がり、人生という長い旅路を行く中高年への祝福に満ちたエッセイ21編。第2章は著者による、現代英国の世代、階級、酒事情ついての解説編。/「世界でいちばん愛すべきおっさんたち(&おばさんたち)が、ここにいる。あんたら、最高すぎるんだけど……」高橋源一郎(小説家)/「イギリスの市井の人の魅力を引き立てるブレイディさんの愛と観察眼と筆力に心を丸ごと持っていかれた。一編一編が人情に満ちた極上のドラマ!」ヤマザキマリ(漫画家/随筆家)/「高みからレッテル貼ってるだけじゃわからない、厄介で愛おしい人生たち!」ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティ)

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/03
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    エッセイ
    • ワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ワイルドサイドをほっつき歩け ――ハマータウンのおっさんたち 全 1 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(104件)
    • ワイルドサイドを...2020/07/04Posted by ブクログ

      ロンドン郊外の海辺街ブライトンで暮らす保育士の著者が、子育てエッセイベストセラー「ぼくはイエローで、ホワイトで、ちょっとブルー」と同時進行で書いた、彼女の周辺のベビーブーマー世代のおっさん達の悲喜こも...

      続きを読む
    • ワイルドサイドを...
      ネタバレ
      2020/07/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ワイルドサイドを...2020/11/15Posted by ブクログ

      『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』がすこぶる面白かったのでこちらも。ティーンの息子さんの日常を通じてイギリスの現代社会を鮮やかに映し出した『ぼくは~』と対になるような本でした。アイルランド...

      続きを読む
    開く

    セーフモード