【最新刊】ディープメディスン

ディープメディスン

エリック・トポル/監訳 中村祐輔/訳者 柴田裕之

3,740円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    全米ベストセラー待望の邦訳!医療の未来はAIで変わる―キーワードは3つのDだ。・デジタル・デモクラティック・ディープラーニングAIを本格活用すれば医療現場は深い共感(エンパシー)に満ちた患者治療への情熱を再び共有できる。医療崩壊に立ち向かう提言の書・全米ベストセラー―世界的ゲノム研究者/米スクリプト研究所副所長エリック・トポル著シカゴ大名誉教授 中村祐輔監訳訳者 柴田裕之AIが提供してくれる最大の可能性は、過誤や仕事量を減らすことでもなければ、がんを治すことでもない。それは、患者と医師の間の、昔からの貴重なつながりと信頼、すなわち人間的な関わりを取り戻す機会だ。私たちはもっと時間をかけて顔を合わせ、はるかに深く心を通わせ、思いやりを抱くことができるようになるばかりか、医師志望者を養成する方法を根底から変えてしまうだろう。(本書) 第1章 ディープメディスン―深遠なる医療第2章 シャロウメディスン―浅薄なる医療第3章 AIと病気の診断第4章 ディープラーニング第5章 AI医療の壁第6章 AIとパターン認識第7章 AIと非パターン医療第8章 AIとこころ第9章 AIと画期的創薬第10章 AIと個別的食生活第11章 AIによる医療アシスタント第12章 ディープエンパシー―医療の原点へ

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/21

    レビュー

    • 2020/10/24Posted by ブクログ

      遅ればせながらAIに期待を込めて読み始めましたが、思っていたよりも役立つことが難しい現実と、有用な分野はAI画像処理検査や、がんの治療情報と予後情報(★Tempus(シカゴ))、手術、脳卒中の診断の支...

      続きを読む
    • 2020/09/24Posted by ブクログ

      AIが確立されればされるほど、もちろん医療での活躍も期待できるが、それはあくまでも医療行為を行う医師の手助けになるということ。AIの進化に伴い、より医師の存在が重要になる。

    [{"item_id":"A002382934","price":"3740"}]

    セーフモード