【最新刊】だらしない夫じゃなくて依存症でした

だらしない夫じゃなくて依存症でした

三森みさ/今成知美/島内理恵/田中紀子/松井由美/松本俊彦/村瀬華子

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。アルコール、薬物、ギャンブル。依存症は誰もが経験しうる病気であり、そして回復できる病気です。もしも大切な人が依存症になったら、あなたはどんな言葉をかけますか?◎書籍化特典【著者渾身の描き下ろし50p超!】WEB版では描き切れなかった「家族の対応」「スリップ時の対処法」等を盛り込み、描き下ろし総ページ数は50p超!【全国の依存症相談窓口/自助グループのご紹介】全国の依存症相談窓口/自助グループの連絡先を収載しています。

    続きを読む
    ページ数
    284ページ
    提供開始日
    2020/05/21
    出版社
    時事通信社
    ジャンル
    医学

    レビュー

    • 2020/03/04Posted by ブクログ

      依存症当事者と家族の心情を軸に、どう対処したら良いかが示されてるいる。

      圧巻の全編フルカラーだが優しい色合いでくどくなく読みやすい。

      制作秘話が思わぬところに隠してあったりと遊び心もある。

      巻末...

      続きを読む
    • 2020/07/24匿名
      本人と家族の再生

      私もアルコール依存症で悩んでいて、書籍や漫画もけっこう読んだ。
      その多くは医師や依存症本人の体験記だが、本書は「本人と家族の再生(と失敗)」
      をストーリー仕立てで描いている。読みながら泣いてしまった。

    • 2020/05/29Posted by ブクログ

      当事者、家族それぞれの心情がよくわかった。依存症は本人の気持ちの問題だと思われがちだが、そうではなく脳の病気であるということが繰り返し説明されている。支援する側の対応もスマートでよかった。

    開く

    セーフモード