【最新刊】高慢と偏見 下

高慢と偏見

オースティン/富田彬

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    所はハーフォードシア.ベネット家には五人の娘がいる.その近所に,独身の資産家ビングリーが引越してきた.彼は美しくすなおな長女ジェーンに惹かれ,その友人ダーシーは聡明で溌刺とした次女エリザベスを好ましく思うが…….のどかな「田舎の村の家庭生活の絵」の中に,オースティン一流の精緻な人間観察とユーモアが光る.

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/28
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    • 高慢と偏見 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      高慢と偏見 全 2 巻

      1,848円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(73件)
    • 2018/06/14Posted by ブクログ

      一長一短のある人物たちの描写が良い。容赦も人柄も優れたビングリーは自分の判断に自信がなく友人ダーシーの言いなりだったり、高慢で不愉快な人物であるダーシーが実は深い愛情の持ち主だったりする。エリザベスの...

      続きを読む
    • 2018/05/29Posted by ブクログ

      登場人物の心理描写の、なんと細やかなこと!ベネット家の次女エリザベスの目に映るダーシーはとことん高慢で無愛想なのに、ダーシーは抑えきれないほどエリザベスを思っていること、シャーロットの策略、上の者に媚...

      続きを読む
    • 2012/09/04Posted by ブクログ

      数年に一度のペースで読み返している小説。

      18世紀イギリスの中産階級家庭を舞台にした古典文学、といっても全く堅苦しいものではありません。好奇心旺盛で知的、活発な主人公エリザベスと、聡明で思いやり深い...

      続きを読む
    開く

    セーフモード