【最新刊】新・入り婿侍商い帖 遠島の罠(三)

新・入り婿侍商い帖 遠島の罠

著者:千野隆司

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    八丈島へ流された角次郎は、破落戸らとともに生活の基盤を築いていく。一方江戸では、善太郎が角次郎を呼び戻すため奮起していたが、戸締の最中に商いをしていたことが取りざたされ、さらに困難な状況に!

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代
    • 新・入り婿侍商い帖 遠島の罠 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新・入り婿侍商い帖 遠島の罠 全 3 巻

      2,244円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 2021/02/28

      千野さん最長シリーズですか。ここで一区切り、でもまだまだ続くとのこと。すごいなあ。
      ところで今回は江戸と八丈島の物語が交互に。ちょっと落ち着きがなかったかなあ。章ごとに舞台を変える(第一話江戸、第二話...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/11/30

      八丈島に島流しにあった角次郎。江戸での犯人探索、島でも死闘があるのだけど、畑を作って芋を育てたりするところがむしろ、子供の頃読んだロビンソンクルーソーや、家族ロビンソン、十五少年漂流記とかが思い出され...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 一巻
      2020/10/22

      千野隆司 著「遠島の罠」、新・入り婿侍商い帖シリーズ№4、2020.5発行。角次郎・お万季の時代から善太郎・お稲の時代に変わったシリーズ。今回は大黒屋を陥れようとする企みによって、冤罪で角次郎が島流し...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード