【最新刊】幻の天女

ご隠居は福の神

井川香四郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幸せ配達人の貧乏旗本、謎多きスーパー隠居と、悩める人の心に花を!旗本和馬とご隠居の二人は、施しと共に濡れ衣も晴らす。そんな和馬に“大名の姫”が、蔵にある全てを手に求婚!一人舞い上がる和馬は……。心に花が咲く! 新シリーズ第2弾自らの扶持をつぎ込んでも、悩める人を放っておけない貧乏旗本の高山和馬、神出鬼没のなんでもござれのご隠居・吉右衛門の二人は、人知れず人助けに奔走し、殺しの下手人とされた人の濡れ衣をも晴らすのだった。ある日、“大名の姫”を名乗り、所蔵する書画骨董すべてを貧しい人にと持参金代わりに求婚する娘が現われ、和馬は一人舞い上がるのだったが……意外な事実が!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/11/01
    連載誌/レーベル
    二見時代小説文庫
    出版社
    二見書房
    ジャンル
    歴史・時代
    • ご隠居は福の神 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ご隠居は福の神 全 2 巻

      1,540円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    • 2020/12/05Posted by ブクログ

      銭を鋳造する銀座御用屋敷で働く労働者は、怪我や火傷が多い仕事なのに危険手当も治療もしてもらえない。
      働けなくなったものは何の保証もなく放り出される。
      労働者による環境改善のストの最中雇主が殺される。
      ...

      続きを読む
    • 1巻2020/12/04Posted by ブクログ

      徳川家斉の後、徳川家慶の時代。
      長い時代、奢侈に溺れていた家斉の反動で、老中首座の水野忠邦の天保の改革も不発、幕府に対して庶民の不満が溜まり、言論統制が始まっていた。

      そんな時代二百石の小普請組の無...

      続きを読む
    • 1巻2020/01/05Posted by ブクログ

      世間知らずだが、正義漢で慈悲深い若旗本。
      苦悩する場面が深刻でないから、仕事に行きたくない日曜の夜でも読めます。
      続巻が出れば読みたい。

    セーフモード