【最新刊】歴史はバーで作られる

歴史はバーで作られる

鯨統一郎

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新進気鋭の歴史学者と史学科の学生がふと入った場末のバー。そこには美人バーテンダーと歴史学者を称する老人の常連客が。4人で歴史談義に花を咲かせているうち、歴史の通説ではありえない珍説・奇説が飛び出し、バーは歴史推理合戦の場へと変貌する。ネアンデルタール人から源義経、八百屋お七まで。歴史の常識を覆す推理合戦が繰り広げられていく連作短編。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/16
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 歴史はバーで作られる2020/11/13Posted by ブクログ

      バーカウンターで繰り広げられる歴史の新解釈謎解きミステリーの連作短篇集。『邪馬台国はどこですか?』に始まる鯨統一郎のお得意の設定は安定のエンタメ性。うら若き女性バーテンダーのバーに集う、新進気鋭の歴史...

      続きを読む
    • 歴史はバーで作られる2020/10/17Posted by ブクログ

      5編の連作歴史ミステリ小説。
      新解釈の歴史推理合戦を繰り返し、歴史を覆すディベートを物語。
      私の読み方のせいで気を抜くと誰の意見かが分からなくなることもあるが、誰にどのセリフをしゃへらせるかを振り分け...

      続きを読む
    • 歴史はバーで作られる2020/09/18Posted by ブクログ

      仮説はとても面白く、興味をそそられる内容だった。話の進め方は以前の本と同じだが、今回は進み方が悪いと感じ。主人公のコメントや意見がちょっと現実離れしているというか、普通そういうことここで言わないだろう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード