【最新刊】蓼食う人々

蓼食う人々

著:遠藤ケイ

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    野兎やカラス、トウゴロウ、ツチクジラなど、かつて私達が享受した自然の恵みと原風景「蓼食う虫も好き好き」。蓼の葉や実は苦く、多くの動物は除けているが、それを好んで食べる虫もいる。転じて「好みは人それぞれ」、「普通には食べないものを食べること」の意として使われる。本書では「人は何をどう捕って、どう食ってきたのか」をテーマに、野兎、鴉、トウゴロウ(カミキリムシの幼虫)、岩茸、野鴨、鮎、鰍、山椒魚、スギゴケ、スガレ(スズメバチ)、ザザ虫、イナゴなどの食材についてその狩猟採集シーンを描き、また民俗学的な考察を加える。日本各地の猟師・漁師による手に汗握る狩猟場面や軽妙洒脱な採集場面、さらに各食材には著者による「民俗学的考察と独断的私見」が加えられ、自然の豊かな恵みと人間の食材への慎み深い向き合い方を考える狩猟捕獲ノンフィクション。日本人が生きてきた歴史に触れられる史書。■著者紹介遠藤ケイ(えんどうけい)1944年新潟県生まれ。長年、自然の中で手作り生活を実践しながら、民俗学をライフワークとして、日本各地や世界各国を旅して、人々の生活や労働習俗を取材している。主な著書に、『「男の民俗学』(山と溪谷社、小学館文庫)、『熊を殺すと雨が降る』『鉄に聴け・鍛治屋列伝』(ちくま文庫)、『こども遊び大全』(新宿書房)など多数。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/15

    レビュー

    • 2020/11/24Posted by ブクログ

      日本人が古来食べてきたものたちについてのエッセイ集
      そのものの説明にはじまり、著者が実際に体験した獲り方のルポルタージュ、仲間の様子。
      喰う姿、味の雰囲気などがいちいち生々しく伝わってくる。
      日本の食...

      続きを読む

    セーフモード