【最新刊】魂の痕(きずあと)

魂の痕(きずあと)

梁石日

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    在日コリアン一世の父をモデルにした代表作『血と骨』と対をなす済州島にうまれ過酷な結婚から逃げて大坂に渡ったある女の苛烈な半生を描く。梁石日の新たな代表作。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/15
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/04/01Posted by ブクログ

      久しぶりに梁石日を読みました。血と骨をはじめて読んだときの衝撃を思い出しました。
      血と骨につながる序章でもあり、女の物語でもあり、女性の生き抜く強さ、たくましさを感じ感動しました。
      同時に男の弱さや滑...

      続きを読む
    • 2020/03/14Posted by ブクログ

      著者の父親を描いたという「血と骨」は衝撃だった。

      母親を描いた本書は期待はずれ。
      特に終盤が破綻して、本として完成していない。

    [{"item_id":"A002377738","price":"1980"}]

    セーフモード