【最新刊】知りすぎた男

知りすぎた男

G・K・チェスタトン/南條竹則

850円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「我々は知りすぎているんです。お互いのこと、自分のことを知りすぎている。だから、僕は今、自分の知らない一つのことに本当に興味をおぼえるんです──あの気の毒な男がなぜ死んだか、ですよ」新進気鋭の記者ハロルド・マーチは財務大臣との面会に向かう途中で出会った奇妙な釣師とともに自動車が断崖から転落するさまを目撃する。後に残されたのは車の残骸と男の死体だった。なぜ彼は昼日中見晴らしの良い崖から転落したのか? 国際情勢への鋭い眼差しが光る、英国的諧謔精神に満ちた連作ミステリ集を新訳にて贈る。創元推理文庫初収録作。/【収録作】「標的の顔」/「消えたプリンス」/「少年の心」/「底なしの井戸」/「塀の穴」/「釣師のこだわり」/「一家の馬鹿息子」/「彫像の復讐」/解説=大山誠一郎

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/13
    連載誌/レーベル
    創元推理文庫

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      政界や外交問題に関わる難事件を「知りすぎているがゆえに何も知らない男」が解決に導くが……というあらすじ。
      「知りすぎるゆえ知らない」という逆説テイストはチェスタトンお得意の分野で安心のクオリティ。ただ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      犯罪の真相が明らかになり犯人が分かっても、政治や外交が絡むことから、探偵役フィッシャーの付ける結末は苦いものとなり、カタルシスには至らない。最初のころはなかなか人物像が浮かんでこないフィッシャーである...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      連作ミステリ。政治や外交問題の関わる事件を解決し、しかし表沙汰にはすることがなかったり。時代情勢などがかなり絡んでくる面があるので、そのあたりの知識がないとややわかりにくいと感じましたが。幾分地味で陰...

      続きを読む

    セーフモード