【最新刊】テクノロジーの未来が腹落ちする25のヒント

テクノロジーの未来が腹落ちする25のヒント

朝日新聞「シンギュラリティーにっぽん」取材班

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    AI(人工知能)が人間の脳を凌駕する「シンギュラリティー」の時代が遅からず到来する? 医療、金融、教育、政治、治安から結婚までさまざまな分野で進む技術革新。その最前線を朝日新聞記者が国内外で取材し、これから10年の日本と世界を予測する。人類の未来はユートピアかディストピアか。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/13
    連載誌/レーベル
    朝日新書

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • テクノロジーの未...
      2020/10/11

      AIに代表されるテクノロジーの進化がこれからの成長に不可欠となっている現代、AIを初めとしたテクノロジーは使うものであって、決してテクノロジーに使われることがあってはならないと感じた。一度手に入れた便...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • テクノロジーの未...
      2020/05/17

      ほとんどAIについての話で、いまの日本の課題が正しく認識できた。藤沢のスマートシティなど、身近にもこんな例がある、というのが多く紹介されてて参考になった。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード