【最新刊】将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

松永暢史

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「読解力のある本」頭の良い子に育つ本144冊を厳選!「音が良い本」を「読み聞かせ」すると、子どもの頭はどんどん良くなる本を読まなくても、子どもが将来勉強さえしてくれればいい、と考えるのは大きな間違いです。「本を読む」習慣ができているからこそ、勉強に励むことができるのです。国語も、算数も、理科も、すべての教科書は日本語で書かれています。日本語を読解する力が培われているかどうかで、勉強ができる・できないが決まってしまうのです。では、子どもに読解能力を身に付けさせるには、どうすればいいのでしょうか? それは幼児のころから「音が良い」本を、たっぷり読み聞かせてあげることなのです。頭のいい子どもに育ってほしいと願うならば、この本はとても役に立ちます。是非、ご一読ください。【目次】●「読書量」で子どもの学力は決まります!・英語を習う?塾に行く-----それよりは「本」です・1日5分の読み聞かせで勉強ができる子に!?・本が子どもの学力を伸ばしてくれる理由・10歳までにどれだけ「読書量」を積んだか・読書習慣があるだけで、頭ひとつ抜き出ます● 10歳までに徹底的にしてあげたい「読み聞かせ」・読み聞かせは最初かつ最重要な読書経験・「一音一音ハッキリ読み」で子どもがじっと耳を澄ます・勉強しなくても国語が得意になるしくみ・効果絶大。これが読み聞かせのコツ・「一音一音ハッキリ読み」の発見に至ったきっかけ・「音が良い」絵本を選ぶことも大切・音の美しさで子どもが本好きに・お気に入りを「めっちゃ読み」してあげよう・本に興味を示さない子は紙芝居から入る・一気に紹介! 「音の良い」オススメ絵本【オススメ本紹介】 絵本~2歳、3~4歳、5~6歳● 本を読まずにはいられない「環境」をつくる・読書は習慣。習慣づけは親の役目です・一日の中で「本を読む時間」を決める・本は惜しまずどんどん買おう・図書館で本をごっそり借りてくる・この誘導作戦で、本を読まずにいられなくなる!● 自分からどんどん読書する子になる方法・自分で本を読めるようになるには段階がある・子どもに「本をよんでもらう」のもアリ・頭がよくなる本は「文学」と「知識本」の二本立て・本で興味を持った世界を実際に体験させよう【オススメ本紹介】 幼年童話 児童書 名作シリーズ 自然 数学 社会 歴史 遊び

    続きを読む
    提供開始日
    2020/05/12
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS文庫
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      読書離れが進んでいますが、子どもにとっては「読書量」は必要不可欠です。
      読書をすることで、学力に必要な「日本語了解能力」が身に付きます。
      まずは、大人が本を好きになり、本が身近にある環境を作ることが大...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      やはり読書が大切ということが改めてわかった。
      そして自分に置き換えると、もっと本好きになるような習慣を定着させてほしかったと親に思ってしまっている。自分の子にはそうしてあげたい。

    セーフモード