漢字のいい話(新潮文庫)

阿辻哲次

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「道」という文字には怖い意味がある。「女」「母」「婦」「妻」などの文字からわかる古代人の女性観は? 「為」は昔、中国に象がいた証拠! 甲骨文字の由来や筆記用具と書体の密接な関係、ローマ字に比べ「遅れた文字」とされてきた漢字が、コンピュータやスマホの時代には意外に便利で新しいことなど、日本人が日常的に使う表意文字の面白さと奥深さを、漢字学の第一人者が縦横無尽に語る。(解説・阿刀田高)

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/14Posted by ブクログ

      漢字は表意文字。いつも何気なく使っている漢字にも深い意味があったり、由来を聞くと聞くとなるほどと思うことが多い。

      漢字は表意文字。いつも何気なく使っている漢字にも深い意味があったり、由来を聞くと聞く...

      続きを読む
    • 2020/01/21Posted by ブクログ

      漢字の第一人者が、漢字についての蘊蓄を綴った好署。
      息抜きのようなコラムが、門外漢には特に面白い。
      「漢字歳時記」では、恭賀新年が取り上げられる。この「恭」という字、現代の中国では「大便」という意味が...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002375772","price":"649"}]

    セーフモード