毒をもって毒を制す 薬剤師・毒島花織の名推理

著:塔山郁

752円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    薬剤師の毒島さんは、薬にまつわる不思議な出来事をまるで名探偵かのように鮮やかに解決する。アルコール依存症の男性が急に「酒がまずくなった」と言い出したのはなぜ? 赤ん坊のための様々な薬を、あまりにも頻繁に薬局に取りに来る若い母親。彼女の真の目的は? いつものように鮮やかな推理を見せる毒島さんだったが、しかし彼女のもとにも新型コロナウイルスの影が忍び寄っていた。毒島さんに憧れるホテルマン・爽太が、仕事中高熱を出した同僚と濃厚接触したとして、ホテルに隔離されたのである。そして、それを機にホテル従業員が相次いで高熱を出し……。

    続きを読む
    • 薬剤師・毒島花織の名推理 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      薬剤師・毒島花織の名推理 全 3 巻

      2,196円(税込)
      21pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(34件)
    • 2020/10/24Posted by ブクログ

      薬学生の私からするとワクワクする世界観。でも今までになかったミステリー

      薬剤師が主人公だからこその事件の起き方。続編も楽しみ。

      薬剤師になった時この本の薬(架空のものだが)の内容も全て理解できるよ...

      続きを読む
    • 2020/06/13Posted by ブクログ

      面白さが加速。前作を読み始めた時はここまで面白くなるとは。登場人物のキャラが明確なってきたのが大きな要因かな。当然周りがはっきりしてくると、主人公は更に際立つしかないわけで。サラッと読ませない難しさも...

      続きを読む
    • 2020/02/05Posted by ブクログ

      薬から推察される推理なので、事件はそれほど大きくないです。毒島さんの知識や冷静さや推理力と水尾君の一般人らしい様子がとてもいい掛け合いでした。

    開く

    セーフモード