海賊とよばれた男 (上)

百田尚樹

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    すべてのビジネスマンに捧ぐ。本屋大賞の話題作、早くも文庫化! ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。

    続きを読む
    • 海賊とよばれた男 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      海賊とよばれた男 全 2 巻

      1,650円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    4.1
    277
    5
    106
    4
    112
    3
    45
    2
    12
    1
    2
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/02/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2014/09/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/08/03Posted by ブクログ

      1945年8月15日、日本敗戦。焦土と化した東京で、異端の石油会社「国岡商店」の店主である国岡鐵造は、社員を見渡して、よく響く声で言った。
      「愚痴をやめよ」「日本には三千年の歴史がある。戦争に負けたか...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002371544","price":"825"}]

    セーフモード