【最新刊】カエルの楽園2020(新潮文庫)

カエルの楽園

百田尚樹

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二匹のアマガエルがたどり着いた夢の楽園は悲劇的な末路を迎えたはずだったが、悪夢の翌朝、二匹はなぜか再び平和な地にいた。今度の世界では、ウシガエルの国で「新しい病気」が流行っていたが、楽園のカエルたちは根拠なき楽観視を続ける。しかし、やがて楽園でも病気が広がり始め……。国難を前に迷走する政治やメディアの愚かさを浮き彫りにし、三通りの結末を提示する、警告と希望の書。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/06/12
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸
    • カエルの楽園 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      カエルの楽園 全 2 巻

      1,144円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    • 2020/03/08Posted by ブクログ

      素直に面白い。
      そして、本当に恐ろしい気持ちになる物語。
      何が善で何が悪なのか?
      何が正義で何が不義なのか?
      深い!とにかく深い!!
      「自分はこの登場人物の中では、どこに位置するだろうか?」
      「自分な...

      続きを読む
    • 2020/04/03Posted by ブクログ

      非常に面白かった。
      ほぼほぼ現実世界になぞらえて、現在の日本や某新聞等を揶揄した内容となっている。
      2020年の現在では少し前の記憶となってしまっているが、数年前、安全保障法制が議論されていた際、憲法...

      続きを読む
    • 2017/09/06Posted by ブクログ

      百田尚樹 カエルの楽園(文庫)

      昨年読んだハードカバーから物語としては2度目の読了。

      一年の時が過ぎて、この本に書いてあることが日本で今現実に起こっています。

      予言の書として気をつけなければ結末...

      続きを読む
    開く

    セーフモード