官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第7話】

官能小説家は愛を我慢できない 畳の上で何度も、何度も(分冊版) 【第7話】

御井ミチル

165円(税込) クーポン利用で82円獲得へ
1%獲得

1円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 82(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

「僕を拒むなんて、いけない娘だーー」秘密の小部屋で、運命が甘く淫らに狂い出すーー…!実家の温泉宿「徒野亭」で若女将として働く真白。しばらく家を遠ざかっていたが、久しぶりに「秘密の小部屋」だった離れに足を踏み入れる。そこには美しすぎる謎の紳士が佇んでいた。彼は離れを仕事場にする司皇一郎という官能小説家で、出会い頭に真白の唇を奪ってくる。動揺しながら再び離れを訪れた真白を、彼はグイっと抱き寄せ、クチュクチュといやらしくアソコを弄ってきてーー!?色気ダダ漏れの官能小説家の甘い執着愛から逃れられないーー…。※この作品は「禁断Lovers Vol.122」に収録されております。重複購入にご注意下さい。

続きを読む