【最新刊】人間の品性(新潮新書)

人間の品性(新潮新書)

下重暁子

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間としての正確な品性こそが、その人の土台となる――「臈(ろう)たけた」という古き良き表現から、日本ならではの品性を考察し、最後の朝鮮王朝皇太子妃・李方子、永六輔、小沢昭一、岸田今日子ら、品性ある人々との交流を振り返る。「デパートには行かない」「二日続けて同じ服は着ない」等、身だしなみのコツや日常の過ごし方、そして「恋」と「恋のようなもの」の大切さを説く。下重暁子の流儀のすべて。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/24
    連載誌/レーベル
    新潮新書
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 人間の品性(新潮...
      2020/08/14

      この間、著者の『不良老年のすすめ』を再読したばかりなので、この書にも興味。
      結構鋭い主張もあった『不良・・・』よりも年齢を重ねたこの書は、洗練された落ち着きを感じる。
      「臈たけたひと」というもはや死語...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 人間の品性(新潮...
      2020/06/05

      﨟たけた人、という言葉がキーワードとして最初に書き出されているのですが、読み進んでいっても今ひとつクリアなイメージが描けませんでした。お話が散乱している感じで、読後のスッキリ感があまり感じらなかったの...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 人間の品性(新潮...
      2020/08/25

      一読しただけなので、自分の理解が悪いか、
      うーーーん、、、結局何が言いたいのか、わからなかったり、そして少し好感持てない部分があったり、、
      恐らく個人的には合わない本だっただけ、好みの問題だと思います...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード