はい。作り笑顔ですが、これでも精一杯仕事しています。

著者:日野瑛太郎

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    接客、上司、取引先も猛獣だらけ。今日も口角上げっぱなしで、もうへとへとに疲れました…。感情労働に殺されないために、働き盛りのあなたを救う1冊です。近年、「感情労働」という言葉がネット上や雑誌などで注目を浴びています。「感情労働」とは、例えばどんなに横柄な態度の客の前でも、笑顔を見せなければならない接客業に携わっている人のように、「嫌だな」「怖いな」などといった感情を抑圧することが、仕事の中心を占めている労働形態のこと。飲食店の店員、介護職、看護師、教師、営業職、コールセンターのオペレーターなどの職業がこの感情労働に該当するのです。実は社内の上司や部下、取引先の人も!====会社員なら誰でも、上司や顧客の前で愛想笑いをしたり、本当は悪いと思っていないのに場を収めるために、神妙な顔で謝罪したりした経験があるはずです。――「本文」より====「おもてなし」の国だと言われる日本のサービス業のレベルは非常に高いが、感情を押し殺すことが仕事になっている人がいます。本書では、人気ブログ「脱社畜ブログ」の筆者が感情労働に従事する人に、「じゃあ、どうすればいいのか」を易しく丁寧に伝授します。◎主な内容・笑顔が0円なんて、もう勘弁してください。 ~世界一のサービスを誇る日本。客は天国、働けば地獄・ありがとうは嬉しいし、お客様の役に立ちたいのは山々ですが……。 ~「誰かのために」が落とし穴。「やりがい」の正体を見極めろ!・上司から「いいね」を強要されない会社を探しています! ~誰もが職場で要求される謎の「気づかい」・善処しますが、ご要望にお応えできない場合もございます。 ~客に、上司に、取引先に、仕事に殺されないために

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿
    [{"item_id":"A002369116","price":"1540"}]

    セーフモード