賊軍 土方歳三 5巻

赤名修

682円(税込) クーポン利用で341円獲得へ
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 341(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

上野戦争後、東北へと逃れた上野寛永寺貫主・輪王寺宮は「東武皇帝」を名乗った。その目的は旧幕府軍に大義をもたらす東北王朝の実現だった。しかし、薩摩による内部切り崩しにあい、東北王朝は瓦解寸前に。さらに追い打ちをかけんと、薩摩の大久保利通は会津公暗殺を目論む。その陰謀をいち早く察知した土方は策を施し、会津藩主・松平喜徳暗殺を阻止。だが、大久保の真の狙いは別の所にあった。土方の上をいく大久保の知略。このまま勝負ありかと思われたその時、土方の前に衝撃隊隊長・細谷十太夫直英が現れる。

続きを読む

セーフモード