【最新刊】サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

著者:梯久美子

1,870円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かつて、この国には“国境線観光”があった。樺太/サハリン、旧名サガレン。何度も国境線が引き直された境界の島だ。大日本帝国時代には、陸の“国境線”を観に、北原白秋や林芙美子らも訪れた。また、宮沢賢治は妹トシが死んだ翌年、その魂を求めてサガレンを訪れ、名詩を残している。他にもチェーホフや斎藤茂吉など、この地を旅した者は多い。いったい何が彼らを惹きつけたのか?多くの日本人に忘れられた島。その記憶は、鉄路が刻んでいた。賢治の行程をたどりつつ、昭和史の縮図をゆく。文学、歴史、鉄道、そして作家の業。すべてを盛り込んだ新たな紀行作品!歴史の地層の上を走り続けた、旅の軌跡――。「本書での二度のサハリン行きのあと、私はまたサハリンに旅をした。(中略)この島の吸引力は強く、この先も繰り返し訪ねる予感がしている。この地で生きて死んだ人たちの声を聴くことは、おそらくこれからの私のテーマになるだろう。」(「あとがき」より)【目次】第一部 寝台急行、北へ 一 歴史の地層の上を走る 二 林芙美子の樺太 三 ツンドラ饅頭とロシアパン 四 国境を越えた恋人たち 五 北緯五〇度線のむこう 六 廃線探索と鉱山王 七 ニブフの口琴に揺られて第二部 「賢治の樺太」をゆく 一 「ヒロヒト岬」から廃工場へ 二 賢治が乗った泊栄線 三 「青森挽歌」の謎 四 移動する文学 五 大日本帝国、最果ての駅へ 六 オホーツクの浜辺で 七 チェーホフのサハリン、賢治の樺太 八 白鳥湖の謎 九 光の中を走る汽車 十 すきとおったサガレンの夏あとがき主要参考文献一覧

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/24
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本

    レビュー

    • サガレン 樺太/...2020/11/08Posted by ブクログ

      サハリン、あるいは樺太。

      日本人にとっては、離島と呼ぶには大きすぎ、北海道というにはインディペンデントすぎる。
      アイヌ文化に関心があればもちろん目を向けたくなるが、先住民としてはギリヤーク(ニブフ)...

      続きを読む
    • サガレン 樺太/...2020/09/21Posted by ブクログ

      サハリン旅行記。
      前半は林芙美子の著書をベースにしながら
      サハリンの鉄道旅行を。
      後半は宮沢賢治の著書をベースにしながら
      賢治の足跡を辿るというテーマ。

      日露間の戦争や侵略の舞台となったサハリンなの...

      続きを読む
    • サガレン 樺太/...2020/09/12Posted by ブクログ

      茫茫の平野くだりて
      サガレンの潮香かぎし女
      月蛾の街にはいり来たれり

      白き夜を
      月蛾歌わず
      耳環のみふるえたり

      ああ
      十文字愛憎の底にして
      石家荘
      沈みゆくなり

      大学のとき、所属していた男声合唱...

      続きを読む
    開く

    セーフモード