【最新刊】白夜行

白夜行

東野圭吾

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々と浮かぶが、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と「容疑者」の娘・西本雪穂――暗い目をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別の道を歩んでいく。二人の周囲に見え隠れする、いくつもの恐るべき犯罪。だが、証拠は何もない。そして19年……。伏線が幾重にも張り巡らされた緻密なストーリー。壮大なスケールで描かれた、ミステリー史に燦然と輝く大人気作家の記念碑的傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/24
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(1951件)
    • 白夜行
      2012/05/19
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 白夜行
      2015/06/10

      ほぼ初めての東野圭吾、分厚い白夜行。

      こんなメジャーの作家さんの作品をちょー笑顔で肯定するのはこっ恥ずかしいけどスゲー面白かった。

      伊坂も好きだし東野圭吾も好きだしってなると、どんだけ流行りもの好...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 白夜行
      2020/10/06

      人が心に受ける傷ーーそれがその人物の後生に与える影響について、半生ずっと考えてきたように思う。

      私には生まれた時から、変えようのない境遇がある。
      傷というより彫りというべきそれは、歩みを止めようとす...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード