【最新刊】ダイイング・アイ

ダイイング・アイ

東野圭吾

733円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    雨村慎介は何者かに襲われ、頭に重傷を負う。犯人の人形職人は、慎介が交通事故で死なせた女性の夫だった。怪我の影響で記憶を失った慎介が事故について調べ始めると、周囲の人間たちは不穏な動きを見せ始める。誰が嘘をつき、誰を陥れようとしているのか。やがて慎介の前に妖しい魅力に満ちた謎の女が現れる。女の正体は、人形職人が甦らせた最愛の妻なのか?

    続きを読む
    提供開始日
    2020/04/24
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2012/09/22Posted by ブクログ

      仕事の帰りに背後から襲われ、記憶を失った主人公。
      彼を襲ったのは、一年半前に彼が起こした交通事故で死んだ女性の夫だった。
      だが彼はその事故に関する記憶を完全に失っていた。
      失われた記憶を取り戻そ...

      続きを読む
    • 2013/06/27Posted by ブクログ

      毎日、交通事故による死亡者は後を絶たないが、同じ数だけいる加害者には思いが及ばず、はっとさせられた。
      サスペンス仕立てのホラーで、目の宿った不思議な力に込められた怨念が恐ろしくドキドキしながら読みスピ...

      続きを読む
    • 2011/11/09Posted by ブクログ

      作品のメッセージが、タイトルにしっかりでているように思えて、強い意思というものを怨念という形で表しており個人的には、かなり好きな作品。(ダイイング・メッセージは聞いたことあっても、ダイイング・アイはな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード